銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

カツカレー発祥の洋食店『銀座スイス』

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20191114145110j:image

「銀座スイス」は、銀座3丁目のガス灯通り沿い。同じ老舗洋食屋「煉瓦亭」の並び、数件隣に位置する。

昭和22年の創業時から伝統のレシピで洋食を提供する老舗洋食屋だ。


f:id:ginzaman:20191114145101j:image

創業者の岡田進之助氏

創業者である岡田進之助氏は、幼少の頃より東京・麹町の『宝亭』(空襲により焼失)にて子飼いとして教養されていたそうだ。首相官邸や国会記者クラブにて総料理長をつとめ、歴代首相の東條英機から吉田茂まで料理を提供するほか、『天皇の料理番』として著名な秋山徳蔵氏ー宮内省大膳職主厨司長(総料理長)とともに日本の西洋料理の礎を創ったすごいかたなのです。
f:id:ginzaman:20191114145055j:image 岡田進之助氏は日本敗戦後、当時は高価であった西洋料理を「より多くの方に食してもらいたい」という理念のもと、1947(昭和22)年に『グリルスイス』を銀座7丁目で誕生させた。その後2度の移転を経て現在は銀座3丁目にお店を構えている。

f:id:ginzaman:20191114145050j:image
座席数は22席。こじんまりとしたお店。店内は昭和の雰囲気が漂いなんとなく時間がゆっくり流れているように思える。居心地の良いお店だ。

f:id:ginzaman:20191114145106j:image

メニューの一部。このほかにも期間限定メニューや飲み物のメニューなどもある。
f:id:ginzaman:20191114145032j:image

f:id:ginzaman:20191114145037j:image

ランチにはポタージュスープがついてくる。
f:id:ginzaman:20191114145058j:image

「千葉さんのカツレツカレー」をオーダー。本商品にはこんなエピソードがある。巨人軍のユニフォームは『銀座テーラー』にて作っていたそうだ。そこでここ「銀座スイス」に立ち寄る機会も多かった。

とある巨人・阪神戦の前にお腹がすいて「銀座スイス」に立ち寄った千葉茂氏が沢山食べたい...と思いつき「カレーライスにカツレツを乗っけてくれ!」と言ったのだそうだ。現在ではカレーにトッピングすること自体は普通だが、当時カレーライスに何かを乗せるという発想は無かったのだそうだ。

f:id:ginzaman:20191114145029j:image

千葉茂氏はカレーライスとカツレツが大好物で、勝負に勝つ(カツ)と言う、験(げん)を担いで試合前によく食べられていたのだとか。そんなエピソードから「銀座スイス」のメニューに正式に加えられ人気メニューなり、それが徐々に全国的に広がっていったのだそうだ。

ライスもカレーが実にうまい。カリカリの衣にジューシーな肉。実にバランスの良いカツカレー。戦後の日本を支えてきた伝統の味わいをしっかり堪能。
f:id:ginzaman:20191114145110j:image

続いて銀座牛カツサンド。「グリルスイス」の旗がピクルスに刺さっている。
f:id:ginzaman:20191114145047j:image
銀座牛カツサンド。牛ロースカツを使用した贅沢なサンド。牛ロースカツとキャベツをトーストしたパンに挟んでいる。ロースかつの甘めのソースとパンに塗ったマスタードバターの味わいがたまらない。肉もやわらかく食べごたえもありクセになるおいしさ!

f:id:ginzaman:20191114145040j:image

●銀座スイス
電話番号:03-3563-3206
住所:東京都中央区銀座3-5-16
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002462/
営業時間:
(月~土)11:00~20:30(L.O.)
(日・祝)10:30~20:30(L.O.)
定休日:不定休

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ