銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

銀座名物のジャンボ餃子『銀座 天龍 本店』

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20191118201943j:image

餃子好きなら見逃すことができない銀座名物のジャンボ餃子『銀座 天龍 本店』。人気店なので行列を覚悟して行ってほしい。(平日のランチ時間を外せばほとんど待たずにはいれることもある。)

「銀座一丁目」駅直結。大人の上質な衣食空間「PUZZLE GINZA」の4階に店舗を構える。エレベーターを上がると迫力満点の大きな餃子看板でお出迎えをしてくれる。餃子好きにはたまらない。

f:id:ginzaman:20191118202044j:image

銀座で楽しむ本格北京料理。天龍の目玉はジャンボ餃子(通称:バナナ餃子)だ。天龍の創業は昭和24年。創業当時から変わらぬ調理法で時代を超えて多くの餃子ファンを魅了し続けている。焼きギョーザ 1人前(8ヶ)1,150円。かなり大きなサイズだが、意外と食べられる。それだけおいしいということだろう。
f:id:ginzaman:20191118201931j:image

醤油、辣油、酢などをブランドしてたれをつくる。お好みで酢胡椒も。
f:id:ginzaman:20191118201939j:image

バナナ餃子と呼ばれるだけあってかなりの大きさ。餃子そのものはニンニクなどの香味野菜を一切使用していないのでニオイが気になる人でも安心だ。
f:id:ginzaman:20191118201947j:image

パリパリの焦げ目のついたもちもちの皮。上質な豚もも肉と産地直送の新鮮な白菜をベースに長葱や醤油を加え石臼で約40分練りあげる餡(あん)を厚めの皮で包んで焼きあげている。ひと口かじれば旨味を凝縮した肉汁がジュワっと溢れ出てくる。これは....うま過ぎる。
f:id:ginzaman:20191118202056j:image
青菜系を食べたくて、カイラン菜の炒め(オイスターソース)を注文。価格は1,400円。カイラン(芥藍/芥藍菜)とは中国広東地方原産とされるアブラナ科の野菜。キャベツの一種のようで「チャイニーズケール」とも呼ばれ中国南部や台湾などで栽培されているのだとか。
f:id:ginzaman:20191118202027j:image
オイスターで炒めた味わい深いカイラン菜。シャキシャキの食感がクセになる。
f:id:ginzaman:20191118201926j:image

さらに、昔の麻婆豆腐も。価格は 1,400円。程よいピリ辛感。
f:id:ginzaman:20191118202049j:image

四川風の山椒入りではなく、ごくオーソドックスな味わい。なるほどたしかに昔ながらの麻婆豆腐の味だ。
f:id:ginzaman:20191118202032j:image

店内の雰囲気はこんな感じ。席数は100先ほど。広々としている。

f:id:ginzaman:20191118202506j:plain

レジ横にはお店の名刺が。
f:id:ginzaman:20191118202022j:image

カジュアルに楽しめる中華だが味は超本格派。餃子好きには見逃せない名店だ。


銀座 天龍 本店
電話:03-3561-3543

住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13193356/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ