銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

トップ・パティシエ横田秀夫シェフが監修する優雅なデザートラウンジ「Rire Ginza(リール銀座)」

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20200117220521j:image

銀座でおいしいスイーツを楽しみたいのならここは外せない。「Rire Ginza(リール銀座)」。グルメ雑誌にも多数取り上げられている人気店だ。

 

場所は銀座3丁目、東銀座エリアだ。昭和通りから松屋通りを入り、1本目の路地を右に入ったビルの2階にある。オーナーの横田秀夫シェフは、銀座ミキモトラウンジのプロデュースをはじめ、洋菓子の世界大会では日本代表に選出、黄綬褒章など数々の賞を受賞しているトップ・パティシエ。お菓子やスイーツに関する著書も多数出版している。

f:id:ginzaman:20200121170415j:plain

お店のコンセプトは、「五感で楽しむ季節のデザートラウンジ」。ケーキの種類もたくさんあり、迷う迷う・・・。

f:id:ginzaman:20200117220525j:image

スイーツ以外にも、「週替わりランチ」「サンドウィッチランチ」「季節のキッシュランチ」などランチメニューも充実している。
f:id:ginzaman:20200117220444j:image

階段を上り2階へ。室内は白を基調にした清潔で落ち着きのある空間。上品で優雅な大人のラウンジって感じだ!席数は、テーブル16席、カウンター4席の計20席。

f:id:ginzaman:20200121170446j:plain

スイーツメニューはパフェをはじめ、季節のフルーツを使ったスイーツなど盛りだくさん。“迷う楽しさ”とはまさにこのこと。
f:id:ginzaman:20200117220509j:image

季節ごとに替わるデザートメニュー。これも通いたくなる秘訣だ。
f:id:ginzaman:20200117220458j:image

スイーツを紅茶がセットで楽しめる「ケーキセット」を注文。7種類の中国茶、紅茶は実際に香りで選ぶことができる。料理やスイーツのおいしさはもちろん、こうした細かな演出がリール銀座の根強いファンを生み出しているのだろう。
f:id:ginzaman:20200117220534j:image

「花妖精」「相思相愛」など、茶葉のネーミングもユニーク。
f:id:ginzaman:20200117220505j:image

コーヒーとトンガ豆のフォンダン ショコラ。1,500円(デザートセットは2,300円)。
f:id:ginzaman:20200117220529j:image

生クリームとトンガ豆。しっとりとしたカカオ61%のフォンダンショコラ生地にナイフを入れると・・・中からとろりと溢れ出すチョコレートソース。オレンジの皮で香り付けしたガナッシュクリーム、芳醇な香りのトンカ豆が風味のアクセントに。

f:id:ginzaman:20200117220502j:image

こちらは、リール銀座の大人気メニュー「グラノーラ アイス モンブラン」。価格は1,400円(デザートセットは2,200円)。
f:id:ginzaman:20200117220521j:image
トップに、存在感のある栗をごろんと乗せている。和栗で有名な茨城県笠間産の栗を使用したモンブランクリームをたっぷり絞り、中には卵黄をたっぷり使用しバニラビーンズを加えたアイスクリーム。ひんやり濃厚なあじわい。

底部にはとろりとしたミルクチョコソースとザクザクで香ばしい独自ブレンドのグラノーラをトッピング!モンブランクリームとアイスと一緒に食べるとこれまた最高な味わいだ。
f:id:ginzaman:20200117220517j:image

席の予約はできない。銀座の優雅な空間でおいしいスイーツ・お茶をゆったり楽しみたい人におすすめだ。

●Rire Ginza(リール銀座)

電話番号 03-6278-8270
住所 東京都中央区銀座3-10-14-2F
営業時間 平日 11:30-21:00 土日祝 11:30-20:00
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13188259/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ