銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

行列必至!元フレンチシェフのラーメン職人がつくるミシュランガイド東京2020年版ビブグルマン掲載の超人気店!『銀座 八五(はちごう)』

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20200203153840j:plain

東銀座に超人気のラーメン店があるのをご存じだろうか。お店の名前は『銀座 八五(はちごう)』。

 銀座マロニエ通りを築地方面に進み、昭和通りを超え、首都高速都心環状線にかかる亀井橋のちょい手前の右側にある。お店が営業していれば、その前に長打の列ができているのできっとすぐにわかるはずだ。この人気店の店主は京都出身の松村靖氏。元々フレンチのシェフであり、「京都全日空ホテル(現ANAクラウンプラザホテル京都)」で長年にわたって総料理長を務めたスゴイ人。2011年には京都府知事表彰「現代の名工」も受賞している。その後、高級なフレンチ料理よりも、もう少し気軽に誰もが食べられる料理を作りたい...という想いから、この「銀座 八五」は誕生したのだとか。

店名「八五」に込められた意味

読み方が難しい「八五(はちごう)」という店名は、「八」の字を日本を代表する富士山に見立て「五」合目から山頂を目指すとの意を込めたものだ。

f:id:ginzaman:20200203181835j:image

店舗の外観はまるで割烹料理のような佇まい。ぱっと見ラーメン屋には見えない。

f:id:ginzaman:20200203153720j:plain
「ミシュランガイド東京2020年版」にて、ビブグルマンとして掲載されたこともあり、お店には長蛇の列が・・・。

f:id:ginzaman:20200203182707j:plain

店内はカウンターのみ6席。

f:id:ginzaman:20200203182544j:plain

お店を入ると券売機がある。「季節のそば」「特製肉ご飯」は売り切れ。「特製中華そば」(1,050円)を注文。

f:id:ginzaman:20200203181316j:image

まずは、お冷、お箸、蓮華、おしぼりが出てくる。希望をすれば紙エプロンやほうじ茶なども提供してもらえる。

f:id:ginzaman:20200203153732j:plain

特製中華そばの登場。おおお~。

f:id:ginzaman:20200203153744j:plain

なんとも美しいビジュアル。お店の雰囲気と一致した中華そばだ。具材は「ネギ」「メンマ」「チャーシュー」「味玉」と、いたってシンプル。

f:id:ginzaman:20200203153757j:plain

かえし(タレ)を使わない黄金色で透き通ったこだわりのスープ。まるでコンソメスープのような上品な味わいだ。完全に“洋”の風味。

あっさりとしているのに深いコク。この味の秘密は、スープの素材に、生ハム、カモ、名古屋コーチン、干しシイタケ、昆布、ドライトマトなどが使われている。さすが元フランスシェフ。これぞ唯一無二の味!シンプルな見た目からは想像ができない複雑な味がする。

f:id:ginzaman:20200203153909j:plain

麺は、ラーメン好きにはおなじみの老舗製麺所、浅草開化楼の細麺を使用。小麦の風味がしっかり楽しめて、歯ごたえも良く、それでいてスープとの絡みも抜群。「計算し尽くされた味」とはこういうことを言うのだろう。

f:id:ginzaman:20200203153823j:plain

麺の上には、やわらかい豚バラ肉のチャーシューが2枚乗っている。程よい弾力のやわらかさ。噛めば噛むほど肉の持つ旨味がじんわりと口の中に広がる...なんたるおいしさ。

f:id:ginzaman:20200203153840j:plain

上品な味わいのメンマ。素材ひとつひとつがイチイチおいしい...。

f:id:ginzaman:20200203153855j:plain

こちらは半熟の味玉。ほどよい醤油風味で味はしっかりとしみている。

f:id:ginzaman:20200203153951j:plain

元々、“残すことができないスープを創る”という想いがあったそうだ。なるほど...グイグイ飲んでしまう。麺と絡めてスープをすする・・・。残ったスープもしっかりと飲み干し完食!幸せの一杯だった。

カウンターに並んだ客は皆黙々と中華そばを食べている。つくる側がこれだけ真剣につくった中華そば。やはり食べる側も真剣にならざるを得ない。お店も客も皆、目の前の麺としっかり向き合っている。

f:id:ginzaman:20200203154323j:plain

中華そばのおいしさはもちろんだが、もうひとつ気づいた点がある。それは......店主の松村氏が大事にしていることなのかもしれないが、とにかくスタッフの方たちの接客態度が素晴らしいということ。味、接客、空間すべてが上質。


2時間並んでも食べるのは10分ほどだ。「銀座 八五」は、店側も客側も真剣に「麺」と向き合っており、お腹と心も満たされる素晴らしい空間だった。これなら長時間待ってもそれ以上の価値を感じること間違いなし。よし、また行こう。

 

『銀座 八五(はちごう)』
電話:050-5596-6139
住所:東京都中央区銀座3-14-2 第一はなぶさビル 1F
営業時間:11:00~15:0017:00~21:00
※スープがなくなり次第、営業終了。
定休日:毎週水曜日、第2第4木曜日
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13228602/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ