銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

大都会(銀座)で町中華の味が恋しくなったらここで決まり!銀座の老舗中華店「銀座亭」

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20200225130338j:image

今回は銀座で人気の中華屋を紹介!名前はズバリ「銀座亭」。場所は昭和通りにほど近い銀座7丁目、いわゆる東銀座エリアだ。

 花椿通りと銀座三原通りが交差する角地のビル1階に店舗を構えている。昭和感のある「いかにも街の中華屋」といった雰囲気。f:id:ginzaman:20200225130348j:image

店外にはメニューが置いてある。Cash only の文字。ここで決めてからお店に入るといいだろう。

f:id:ginzaman:20200225130329j:image

座席は厨房をぐるりと囲うかたちのカウンター席で(全部で16席)全席喫煙可。愛煙家にとっては嬉しい。とはいえ店内がモクモクしているわけでもなく煙草を吸わない人もそこまで気にせず(真隣で吸われることがなければ)食べられる。

f:id:ginzaman:20200303161539j:plain

テーブルに座ってもメニューはいっこうに出てこない。店内に貼りだされたメニューを見て選び「すみませーん!ソース焼きそばひとつ!」といった具合に注文をする昭和形式だ。銀座という土地柄もあり、こういう町中華の平均価格に比べるとやや気持ち高めの料金設定かも。
f:id:ginzaman:20200303160528j:image

チャーハン(900円)と餃子(6個ー750円)を注文。(チャーハン&餃子セットといったものはないのでそれぞれ単品で)

f:id:ginzaman:20200303161611j:plain

職人が中華鍋をふるい手際よくチャーハンを炒める。カウンター席からは厨房が丸見えなのでついつい眺めて(見とれて)しまう。紅しょうがが添えられたオーソドックスなチャーハン。

f:id:ginzaman:20200225130352j:image
銀座亭のチャーハンは、いわゆる"しっとりチャーハン”。ごはんの水分がやや残りパラパラになり過ぎていないところが良い。f:id:ginzaman:20200225130410j:imageふんわりとしたたまご、チャーシュー、ナルトを細かく刻んで混ぜてしっとりと炒めたチャーハンは塩コショーの味付け具合も絶妙だ。素朴ではあるが、こういうオーソドックスな中華の味を求めてくる人にとっては「超一流」「ど真ん中」といえる味だろう。
f:id:ginzaman:20200225130338j:image

チャーハンの脇に添えられた紅しょうがと時折混ぜて、付属の中華スープと一緒にレンゲで流し込みながら食べるチャーハンのおいしさは「これこれ!これがチャーハンの魅力なのよ!」とつぶやきたくなる王道の味。f:id:ginzaman:20200225130405j:image
チャーハンが提供されて、数分後に焼きたての餃子が登場!昨今ニンニク不使用の餃子も増えていますが、こちら銀座亭の餃子はニンニクを使用した王道餃子。
f:id:ginzaman:20200225130343j:image

きつね色に焼き目がついて餃子の皮はやや厚くもっちりとした食感だ。f:id:ginzaman:20200225130323j:image

餃子の餡は、豚肉ニラ、キャベツ、ネギ、ニンニク...オーソドックスな具材だが期待を裏切らない安心感のある味わい。もちもちの皮との相性も抜群だ。
f:id:ginzaman:20200225130334j:image

これぞ多くの人が求めている中華の味ではないだろうか。一度食べたらついつい通いたくなる銀座の町中華。銀座の中華、同カテゴリで思い出すのが有名店の「交通飯店」。こちらの銀座亭もお昼時はかなり混雑はするが、交通飯店にくらべると銀座亭のほうが比較的並ばずに食べられる印象だ。

大都会銀座で、ふと「町の中華の味」が恋しくなった時、銀座亭に足を運べばきっと気持ちもお腹も十分に満たしてくれるだろう。

 

銀座亭
電話:03-3571-6450
住所:東京都中央区銀座7-11-10
営業時間:11:00〜26:30
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13054334/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ