銀座グルメブログ「銀座めし」

銀座・丸の内エリアに特化した情報ブログ。おいしいものを求めて毎日銀座を歩き自分が気に入ったお店だけをキュレーションしてお届けします。

銀座めし

材料費の上限を定めずより良い材料にこだわる銀座の老舗洋菓子店『PieceMontee ピエスモンテ』

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ

f:id:ginzaman:20191113205159j:image

銀座並木通り沿いにある「PieceMontee(ピエスモンテ)」は銀座の街で愛され続ける洋菓子屋だ。

 「PieceMontee(ピエスモンテ)」は、銀座・並木通りに佇むオシャレなガラス張りの洋菓子店。店名の語源は、フランス語"Piece Montee"で「小さな断片を積み上げた」と言う意味で、一般的に飾り菓子や工芸菓子のことをいうのだそうだ。
f:id:ginzaman:20191113205104j:image
PieceMontee(ピエスモンテ)が銀座にしかない理由

多店化をすると製品に目が届かなくなり、特に夏季は配送時に変質する可能性がある為、一店舗にこだわっている。“ここでしか食べられない味”は消費者にとっても魅力的だ。
f:id:ginzaman:20191113205156j:image小さな洋菓子店だが、奥行きがあり、中では結構な人数のパティシエが洋菓子づくりに精を出している。この光景だけですでに特別感を感じる。
f:id:ginzaman:20191113205058j:image

PieceMonteeのロゴ入り紙袋。とってもオシャレ。
f:id:ginzaman:20191113205138j:image
f:id:ginzaman:20191113205141j:image

ピエスモンテのケーキは決して安くはない。むしろ高いと感じるだろう。銀座だから仕方がない・・・というものではなく、ここにはお店のこだわりがある。

ピエスモンテでは材料費の上限を定めずより良い材料にこだわっているので当然売価は高くなる。つまり最高の味を突き詰めた結果の価格なのだ。
f:id:ginzaman:20191113205144j:image個人的にお気に入りのエクレール。小ぶりなサイズだが価格は¥600 となかなか。生クリームではなく濃厚なチョコレートクリームが入ったエクレアだ。
f:id:ginzaman:20191113205152j:imageこちらは期間限定の商品。パンプキンのモンブラン!¥800

f:id:ginzaman:20191113205159j:imageポム ¥600。アップルパイは早朝から職人が織り込んだパイの中に、カルバドスで仕上げたリンゴがたっぷり入っている。
f:id:ginzaman:20191113205148j:imageそのほかオーダーケーキなども数多く取り揃えている。高級クラブが立ち並ぶ銀座8丁目の並木通り沿いにある「PieceMontee(ピエスモンテ)」。営業時間はなんと平日は24時まで!・・・なるほど。なんとも商売上手だ。

ピエスモンテ

住所:東京都中央区銀座8-6-22 銀座ピアースビル1F

電話:03-3574-0960
営業時間:月~金 12時~24時 (土 12時~20時)
定休日:日曜日、祝祭日

http://www.piecemontee.co.jp/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村 グルメブログ 銀座食べ歩きへ